志摩スペイン村に行きました

 

 

志摩スペイン村

三重県志摩市

 

施設紹介

志摩スペイン村というのは、パルケエスパーニャとも呼ばれており、東京ドーム20個分以上の広さの中にスペインをイメージしたアトラクションや街並みが広がっている複合施設です。
アトラクションは20程度あり、目玉になっているのは「ピレネー」というジェットコースターです。これはピレネー山脈をモチーフとした作りになっており、時速100kmで走行し1回転や急降下が楽しめるアトラクションになっています。またぶらさがり型なので、足がブラブラしている状態なのでよりスリルを味わえます。
そして室内型のジェットコースターの「マタドール」もとても人気があります。スペインの闘牛をイメージしたアトラクションで、暗闇の中を上下左右に猛スピードで走行するので迫力があります。
その他にもグランモンセラーというモンセラー山脈がモチーフのライド型ジェットコースターや、アルカサルの戦いというスペインのトレドにある要塞をイメージしたシューティングゲームが人気があります。
このスペイン村にもキャラクターがいるので、パレードやショーもあるので子供連れのお客さんもとても多いです。
もちろん飲食店もスペイン料理もあるので、スペイン気分を存分に味わえます。
ホテルや温泉も広大な敷地内にあるので、三重県志摩市という少しアクセスが不便な所でも安心して遊べます。

 

志摩スペイン村の口コミ

私は三重県の田舎に住んでおり、遊園地というものに縁がありませんでした。しかしこのスペイン村が出来てからは家族で1年に数回は行くようになり、学校でも遠足などで訪れるようになりました。この志摩の地域には遊園地がスペイン村しかないというのも一つの理由です。
また本当にスペインに来たのではと思うほど、内装に拘っているので大人になってからも久しぶりに行こう!となります。同窓会なんかもこの施設で行って思い出がたくさんあるので、これからも行く機会はあるかなと思います。私がこのスペイン村で一番印象に残っているのは、室内型のジェットコースター「マタドール」です。
はじめて行った時に、母親からあの綺麗な建物に入ってみよう!と言われ(外観はホテルのような感じです)
入ってみたら、それはジェットコースターでした。当時私はジェットコースターが苦手で、不安な気持ちを抑えていざ乗ってみると、暗闇を100kmのスピードでグングン走るのです。
乗り終わって降りると泣いてしまいました。それを母親がビデオカメラに撮っていたのを今でも見ると懐かしく感じます。
最後に行ったのは2015年の夏ですが、やはり全体的にすいているのですが、アトラクションやスペインの街並みなどはとてもしっかりしているので、とても楽しめます。
フラメンコのショーも人気があり子供から大人まで退屈はしないと思いますし、アトラクションで遊んで疲れたらホテルや温泉に入ってゆっくりスペイン気分というのが出来るので、家族でいくのをおすすめします。若いカップルが2人で遠方から…というのもいいとは思いますが、伊勢志摩の観光のプランに入れて訪問するのがいいかなと客観的に見れば思います。
他の大型の遊園地のキャラクターとは違って、スペイン村のキャラクターたちはとてもフレンドリーに近づいてきてくれるのでそういった面も子供達は大喜びしています。

 

 

このページの先頭へ戻る
おすすめ情報:遊園地に遊びに行く前に資金をGET!大阪でジャニーズグッズを買取→http://xn--qckpgb8b5b1k0ho202aj47ffw0agng.net/oosaka.html