孫と一緒に東京の「浅草花やしき」へ行って来ました

 

 

浅草花やしき

東京都台東区浅草2―28―1

 

施設紹介

東京の浅草と言えば、あの雷門や浅草寺でも有名であり、しかも近年では東京スカイツリーも至近距離にあり東京でも屈指の行楽地となっております。 そんな中で浅草花やしきと言うのは、この浅草浅草寺の直ぐ近くにあり、益々の人気を誇っているようです。

 

この浅草花やしきは、江戸時代に既に開園されていたと言う極めて古い歴史もあって、日本国内でも最も古い遊園地とされているのうです。 都会や繁華街のど真ん中にあって決して大きな遊園地ではないが、敷地面積は1700坪ほどあって、その中に多種の遊園乗り物やお化け屋敷、アトラクションが所狭しとっぎっしり詰まっています。 

 

これ等アトラクションの中には国産初で日本でも最も古いとされるローラーコースターも現存して楽しませてくれます。 アトラクションとしては20数種類の遊具がありますが、経営母体としては、現在は「ナムコ」の子会社として株式会社花やしきが運営しています。 ナムコと言えば多くの方が御存知のゲームセンターやテーマパーク等のアミューズメント事業を運営する日本の代表的な娯楽企業としても知られていますね。

 

 

 

 

浅草花やしきの口コミ

私たちは熟年夫婦と小学生の孫二人を伴って、静岡県の浜松から東名高速で東京へ出向きましたがた、主な目的は正直なところ東京スカイツリーを見物しながら展望台まで野ぶることでした。 

 

そして、其の後で浅草の浅草寺をお参りして其れから、二つ目の目的地である「浅草花やしき」へ向かったのでス。 時期的には昨年の子供たちの春休みに行ってまいりました。 

 

花やしきは浅草寺の直ぐ近くにあったので、車でそっちこっちへ行く必要もなく一箇所の有料駐車場へおいて後は徒歩で浅草界隈を散歩しながら行って来ました。

 

 

こちらの浅草花やしきは、今はやりの若者たちに人気の大型の遊園施設やアトラクションなどと異なって、どちらかといえば幼児から子供たち、それに我ら熟年のお年寄り達が楽しめる遊園地で、都会の中ではの洒落た、しかもこじんまりとした乗り物や遊具等も揃っていて大いに楽しめるところです。

 

其れに歴史ある遊園地でもあって現在では最も人気のあるとされる「ローラーコースター」や定番とも言える楽しい「メリーゴーランド」など、アトラクションは20数種類もあるのです。 又、露天商みたいな射的場や縁日コーナーなどもあり、其の上に飲食店なども数多く所狭しと並んでいて、遊園設備意外にも大いに楽しめるようなところなんでス。 其れに、場所的にも浅草という有名観光地の一つとして都会の雰囲気を感じながら、幅広い世代の人々に親しまれ楽しむ事も出来るところです。

 

特に、花やしきのシンボルタワーとも言えるアトラクションの一つでは「Beeタワー」といって、上に登れば浅草の街並やスカイツリーなども直ぐ眼前に一望することもできるのです。 この地は実際のところ0歳からも楽しめるちびっ子アトラクションも多くあり、遊園地にデビューするにはピッタリなところともいえるでしょう。

 

未就学児の入園料は無料のうえ、4歳以下ならお子様に付き添う大人は乗り物料金が無料になるのも良心的で助かりますし、他にも乗り物は大体200から300円で乗れるものばかりです。 

 

尚、入園料は大人 1000円、小人 500円、嬉しいのは我らシニアは 500円、そして未就学児は無料になっています。 交通は地下鉄の「浅草」駅から徒歩5分、つくばエクスプレスの「浅草」駅から徒歩3分と近くのところです。 
但し、駐車場は特にありませんので最寄の有料駐車場へとめることになります。